釣り情報

魚釣りの知識と歴史

魚釣りと聞くと、釣りについての知識がない方でも、船に乗って海に出て、釣り竿を持って釣り針で魚を釣るイメージです。まさにその通りです。魚釣りとは、現代の様に機械・コンピュータなどの無い時代から「食」を目的として魚を釣り、その食事の豊かさを彩ってきました。実際に釣りが行われ始めたのは、約4万年前の時代から魚釣りの起源は始まっており、文明の無い時代から魚釣りをしているんです。起源は旧石器時代ですが、縄文時代になると、現代の魚釣りで使われる釣り針でも同じ形状で使われている「針に返し」のある釣り針が使われていて、魚釣りへの工夫がされています。

江戸時代ではすでに漁師もいたため、釣りは日本人の趣味として楽しむ人も増え、現代でもより一層一般人にも身近なものに浸透しています。現代では、船で漁をして魚が取られ、市場などに出荷され、販売業者の手に渡り、そして消費者の家庭・調理され口に運ばれています。魚釣りで生計を立てている人も少なく、現代でも魚釣りは趣味として根付いています。趣味の範囲内で魚釣りを楽しむ人は、キャッチアンドリリースと言われる釣った魚を食べることなく放流し、「釣り」事態を楽しむ釣りもあります。海外では釣りをスポーツとして認められ、スポーツフィッシングと呼ばれるようにもなってきています。

魚釣りの場所と必要な道具の知識

魚釣りには知識がなくても楽しめるスポーツとなって最近では、魚釣りの知識のない女性にも始める人が多く人気が出ています。魚釣りでは海だと「船釣り」「磯釣り」「防波堤」「砂浜」「河口」「釣り堀」などの場所で楽しめます。場所によって釣れやすい魚の種類も違いますし、季節によって大きさや、身の引き締まり方、狙う魚によっては好む餌も変わります。淡水(川や池などの塩分を含まない水)での魚釣りでは、「渓流釣り」「川釣り」「湖」「池」「釣り場」などの海のない地域でも楽しめる魚釣りが主流です。主にキャッチアンドリリースが一般的で、食すために淡水魚を釣る人は少ないようです。淡水魚では、美味しく食せる魚は少なく、有名な魚では「鮎」「マス」と言われる魚の種類が人気が高く、キャンプなどと一緒に塩焼きにして楽しむ家族も多いようですが、最近では季節によって規制されている場所等もあり、決められた場所で、決められた時期のみ鮎やマスの魚釣りを楽しめます。

魚釣りの道具の知識については、「釣り針」「釣り糸」「釣り竿」「浮き」「オモリ」「餌・疑似餌」と少ない道具で楽しめます。狙う魚や、魚釣りをする場所によって道具も変わりますが、基本的にこの様な道具だけで楽しめるスポーツフィッシングは家族でもカップルでも、お友達とも楽しめる手軽で身近なスポーツの一つです。

注目サイト

ピーシーマックス評価
http://xn--pcmax-1h3hp026a.com/
安い金利でキャッシング
http://mass-web-traffic.com/
テレクラ
http://xn--pck2b0fk1795b663b.net/
人妻掲示板
http://xn--gmq11yx3hw1bq9cx0wxln.com/
競馬予想サイトbiz
http://xn--eck7a6cx50ouitrv9ao66b.biz/

2016年1月20日